カードローン 金利監査通過

カードローンに通過し、お金を借りているのですが、毎月の返済を行ってもなかなかその金額が減っているようには感じません。それはなぜかというとそこには金利が大きく関係しています。この金利は借りたお金に上乗せされている物で、値が高いほど返済金額が高くなっているのです。したがって最初にカードローンの申込をするときにはできるだけ金利の低いところを選ぶようにしました。そのなかで金利監査という言葉を耳にしますが、これは何かよく分かりませんでした。金利監査とは金融機関を検査することになります。最初は銀行だけを対象としていたので消費者金融機関などは関係ありませんでした。しかし最近ではさまざまところでお金を借りることができるようになっているので変化してきたそうです。


現在では金利監査は信用金庫など他の預金取り扱い金融機関や、保険会社や証券会社向けの物も用意されているのだそうです。ここでは何が行われているのかがよく分かりませんでしたが、調べてみるとリスク管理に対する意識の向上などが行われています。各金融機関ごとになっていた基準も、現在では一定化されています。調べられる項目は、リスク管理に対する意識の向上だけではなく、企業倫理に対する自覚の促進などが含まれています。このようにカードローンの利用をさらに安心で効率よくするために金利監査が行われています。お金を借りると言うことは返済をしなければいけないことなので、金利に関しても忘れないように確認をしておいたほうがいいですね。