カードローン 金利監査通過

私はカードローン 金利監査通過しており、お金を借りている消費者金融に、カードローンの金利監査、金利の見直しを申し込みました。電話で申込みをした時に、一から審査が必要である説明を受けて、その他にオペレーターに聞かれたことは変更事項がないかということです。変更事項とは、現住所やお仕事に変更がないかということです。そして、収入の増減について、他社での借入金額についてなどを聴聞されます。もし他社で借り入れ金額が増えていると過剰融資となりますので、審査で落とされるのです。限度額の増額の希望はないのですが、基本的に金利監査してカードローンの金利を下げるのは、信用があるかないかにかかわります。延滞のリスクが高いのは返済能力がないので増額希望がなくても審査は同じなのです。


金利監査の申込みした結果ですが、金利の引き下げに応じてもらうことができました。審査が終わったからそれで金利が下がっているのではなく、契約書の書き換え手続きが必要です。現在のカードローンの契約書は18.0%で契約をしています。それを15.0%の契約書に書き換えをするので最寄りの自動契約機に行けと案内されました。日中忙しいので、仕事帰りに自動契約機に立ち寄り契約書の書き換えをしました。運転免許証だけでできます。事前に審査が済んでいますので。それほど手続きに時間はかからず15.0%の契約書が発行されて、カードも新しくして手続き完了です。金利が下がったことによって月々の返済金額が下がって負担が少なくなってます。